あなたは序破急を知ってますか

  • 2020年06月11日

こんにちわ、中野特殊刃物工業 代表で 研師 の 中野由唱 です。

「起承転結」、文章や脚本構成の組立ての基本ですが時間の流れが速い現代、スピーディな展開が求められる今。

そこで次に来るのは「序破急」

だから「序破急」は新しいものかと思っていました。

でもー

そうではなかった。

序破急とは

日本の雅楽の舞楽から出た概念であり、

能楽

連歌

蹴鞠

香道

剣術

抜刀術

居合道

茶道 など

芸道論で使われる言葉。

脚本構成としては、

能に限らず浄瑠璃や歌舞伎において

中世、近世 以降の日本で

伝統的に用いられてきた構成とのこと。

 

中世は鎌倉時代  室町時代

近世は江戸時代

つまり

「序破急」は

武道、芸道という伝統文化から生まれた日本式の構成術なのだ。

すべての道は序破急に通ず!

能や歌舞伎、茶道、花道、

落語もいいかなぁ。

日本古来の伝統文化がもっと身近に感じた発見でした。

by中野由唱 よしどん

新型コロナで来客減 その時気付いたこと

  • 2020年04月12日

こんにちわ

中野特殊刃物工業 代表で 研師 の 中野由唱 です。

私が家業を継ぎ、刃物の世界に飛び込んでから42年になります。

 

社会人1年生から刃物を勉強出来たことは、

私にとって何よりの財産です。

それは生産現場のお客さんから相談を受けた際、視点が人間より刃物に徹することが出来るから。

つまり「刃物を使う人はどうなのか」を「刃物的にどうなのかなぁ」と置き換えられる、ということ。

そしてそこが強みになる。

 

家具メーカーや住宅メーカー、製材工場や製紙工場などに機械刃物を提供しメンテナンス(刃物の修理、研ぎ直し)をするのが主な仕事。

さらに

  • 農業収穫
  • 水産加工
  • 食品加工

刃物の仕事は需要範囲が広いのです。

そして最近ではこんな仕事も加わりました。

  • カバン製造
  • ゴルフクラブ製造
  • 生薬製造

 

 

これらの仕事に刃物が活かされているのです。

 

私は時々この生産現場に提案して、刃物仕様の変更をお願いすることがあります。

 

材料のひき肌がきれいになり、歩留りが向上し生産工程を短縮することで働く人の向上心をアシストすることにもなります。

 

仕事が楽しくなると、仕事への意識が劇的に変化する。

目には見えないことですが、楽しくなる仕事をしてもらう。

これは大切なことです。

 

新型コロナウイルスの出現で来店客が激減して、振り返る時間が出来た私です。

 

今、何が大切かをしっかり見極めようと思います。

 

by 中野由唱 よしどん

 

蕎麦の歴史は9000年

  • 2020年02月16日

こんにちわ

中野特殊刃物工業 の 代表で 研師 中野由唱 です。

2020年4月に札幌で北海道新聞社主催 文化教室【日本刀の講座】の序章を担当することになりました。

そこで、代表的な日本刀にまつわる歴史話をします。

忠臣蔵は誰もが知る元禄の世の出来事。

でも、1702年の吉良邸討ち入りの時代にそば屋は存在しなかった。

では、そば屋はいつからあったのか?

素朴な疑問が湧いてきて、蕎麦について調べてみた。

日本人の主食と言えば米、稲作の始まりは今から3000年ほど前の縄文時代。

では蕎麦は?と言うと、なんと約9000年前から!

高知県の遺跡から9300年前のそばの花粉が発見されているのです。

【そばの殻はめちゃ硬い】

殻があまりに硬いことから、蕎麦は主食と言うよりも凶作のための備蓄食品として栽培されさいました。

鎌倉時代(1185年〜)になって中国から石臼が伝わり、そば粉の大量生産が容易になったのです。

でも当時は「そばがき」や「そば焼き餅」といった団子や餅の形状で食べられていました。

 

現在のように麺状の蕎麦が登場したのは室町時代(1378年〜)との説もありますが、はっきりと資料に残っているのは江戸時代(1603年〜)のもので日本最初の料理本、「料理物語」です。

西暦1643年(寛永20年)に出されたこの本には蕎麦切り(麺状のそば)の作り方が書かれています。

そしてその当時、麺状のそばはお湯で茹でるのではなく蒸籠で蒸していました。

 

現在も「もりそば」を「せいろそば」と呼ぶのはその名残りなんです。

ただ当時はまだ蕎麦よりうどんが主流で、そば屋が一般的になるのは、いわゆる二八そばが出てくる元禄15年より少しあとのことです。

 

十割そばは、そば粉を糊化させたものを「つなぎ」としてそば粉だけで作った蕎麦のこと。

切れ易く蒸籠に乗せて蒸し、そのまま客に出す形の蕎麦が主流だった。

 

江戸時代の後期(1730年〜)になってそば粉と小麦粉を混ぜた蕎麦が広く出回り、現在のように茹でる蕎麦が主流とって屋台のような一杯ずつ出す形の蕎麦が完成したのです。

 

二八そばの名称の由来は粉の割合から、

当時一杯が16文だったことから(2×8=16)のニ説ある。

「蕎麦切り」を今は単に「そば」と呼んでいます。

昔も今も変わらないのは、十割そばでも二八そばでも 蕎麦切り包丁 の切れ味が良いと、切った麺が角張って〝のどごしスッキリ〟で旨さが増します。

 

当時の蕎麦切り包丁はどんなで、どんな研ぎをしていたんだろうか。

思いは無限に広がります。。。

by 中野由唱 よしどん

 

12月13日【正月事始め】は 赤穂浪士も例外ではなかった

  • 2019年12月12日

こんにちわ

創業62年の刃物専門店 中野特殊刃物工業 研師 中野由唱です。

 

巷ではお歳暮商戦真っ只中ですが、お歳暮とは「正月のお供え物という役割でもあった為、12月13日から贈るようになった」と何かに書いてありました。

 

12月13日は昔から正月の準備を始める日、つまり「正月事始め」の日なのです。

 

すす払い

一年の汚れを落として歳神様をお迎えする為の儀式。

大店(おおだな)ではすす払いできれいにし終えたら店主を胴上げして祝宴を催した、とか。

一年の汚れをきれいに落とせば落とすほど、正月に歳神様が多くの福を与えてくださる。と考えられていました。

 

松迎え

歳神様をお迎えする為の門松や、おせち料理を作る時に使うかまど用の薪を取りに行く日。

今では門松やしめ飾りを家庭で作るのは珍しくなりました。

 

年男

その家で先頭を切って正月準備を行い、みんなを仕切る家長のこと。

迎える新年の干支に生まれた人のことではありません。

年男は現場仕事で、力も体力も必要なので歳を取った家長から次第に長男だったり、奉公人の若い男性が役割を担っていったそうです。

今ではお母さんが年男、という家庭も多いのではないでしょうか。

 

つまり12月13日という日は

  • すす払いをして
  • 松迎えの為に薪を取りに行き
  • 年男が陣頭指揮をとる

正月準備の初日という大切な日なのです。

 

今から317年前の五代将軍徳川綱吉の世 元禄15年(西暦1702年)12月14日に現在の東京都墨田区本所にあった吉良邸では正月事始めを終えたばかりの招待客と100人程の家来も含めて大茶会が催された。

 

赤穂浪士の討ち入りの日は、ただ偶然に吉良邸で茶会があった日ではなく日本人の風習・習慣を大切にする心がそうさせた、必然のその日だったのです。

慶長8年(西暦1603年)2月12日、徳川幕府樹立から実に100年目のことです。

 

歴史は過去の出来事です。しかし時は太古の昔から延々と繋がっているもの。

 

時も人も「間」という空間ですべてが繋がっている、だから「時間」と「人間」なんだ。

 

日本刀を眺めていると、300年という時間は紛れもなく繋がっている。

と、そう感じた令和元年 師走の12日の深夜です。

 

by 中野由唱 よしどん

第52回刀剣研磨研修会で得たこと

  • 2019年11月24日

こんにちは中野特殊刃物工業の中野由唱です。

創業62年の中野特殊刃物工業は〝家具の街〟旭川にあって、長年 木工加工用刃物の設計と製作、メンテナンスに関わってきました。

ですが、あまり知られていない一面あるのです。それは食品加工用の刃物にも対応してきた、ということです。

20年前までは秋になると稲刈りのコンバインやビートの粉砕刃のメンテナンスに追われていました。

そして業務用のスライサーや包丁も研ぎました。当時包丁製造メーカーと同じように機械を使って仕上げていたんです。

 

私が砥石を使った『手研ぎ』に魅かれ始めたのはこの頃からです。

手研ぎ仕上げの滑らかさは、「機械では絶対に出せない」と、そう直感したからです。

そして、家庭の包丁がどれだけ無理して、我慢して、切れないまま使われているかを知ったのです。

それから徐々に業務用包丁から家庭用包丁にシフトして、今は年間1,200本ほどの家庭用包丁を研いでいます。

 

直線的な研磨機の動きに対して、人の手の動きは自然に曲線を描き滑らかです。

機械の動きとは異なっています。

 

実はこの自然の曲線が包丁にとって重要なことなのです。

それは日本刀の反りにも似た要素が含まれているから、、、、、

いかに、刃を持つ手に抵抗なく切れるかということ。

 

「手研ぎをもっと極めたい」という気持ちから日本刀研師の修業に入って9年。今年は日本美術刀剣保存協会本部の研修会に参加することを許されてたので、7月末に東京で研修を受けてきました。

日本刀は研師が意識して刃を付けるのではない。「自然体で研げば、自然に刃は付くもの」そんなことを学んだ日本刀仕上研磨の研修会でした。

 

東京から戻ると私はすぐに研ぎたい気持ちが湧き出して、手元にあった刃渡り27センチの牛刀で試してみました。

それまで意識したことは無かったのですが、確かに刃の曲線は自然に出るもの。

意識して造り出すものではないことを実感できました。

 

大切なことを実感でき有意義な研修でした。

日常の仕事を休んで、お客さんに仕上がりを待って頂きながらも、参加して良かったです。

 

玉ねぎを切ると涙が出る。ニンジンをきざむとまな板が真赤になる。

そんな世間の常識も、全ては切れない包丁が大前提なのです。

それは野菜の繊維をつぶしているから。

切れ味の鋭い包丁では玉ねぎも目にしみないし、ニンジンでまな板は赤くなりません。

包丁の本当の切れ味を知らない人が多いことは、勿体ないことです!

日本特有の文化である鋼(はがね)の技術。

砥石と研ぎ手の五感を使った手研ぎの技。

私がこの切れ味と技を伝えたいのはこんな人達です。

  • 世界の人々に伝えたい。
  • 未来の人々に伝えたい。
  • 隣家の奥さんに伝えてたい。

そんな思いを更に深めた2019年東京での研修でした。

by 中野由唱 よしどん

中標津で包丁研ぎイベント

  • 2019年08月23日

SNSで友だちになった 小柳ひろみさん(ひろみん)、ご主人と息子さんで町の電気屋さんこやなぎでんきを営んでいます。

3人とも私の包丁研ぎ教室の生徒さんです。

そんなこやなぎでんきさんが今年の2月、6月、に続いて8月25日に包丁研ぎ実演会を企画してくれました。

心を込めて研いだ包丁を、みなさんに喜んでもらえるのがとても嬉しいです。

包丁が切れるというだけで、料理がそれまでとは全く違う美味しさになるんです。そして苦手な人も料理が楽しくなる。

でも一番嬉しいのは、研ぎ上がった包丁を手にして笑顔で「この次はいつ中標津に来るの?」と言ってもらえること!

8月25日 日曜日 午前10時から受付は午後3時まで

包丁研ぎは一本1,000円〜2,000円が目安です。別料金ですが、そば包丁も研ぎます。

中標津町のこやなぎでんき店内にて 電気圧力鍋とヘルシオホットクックの実演もあります。

希望の方には、私がプロデュースしたオリジナル三徳包丁も販売します。

左利き用も用意しますので 初めての方も気軽に声を掛けてくださいね!

ベイシストのご主人による 前日24日のjazz nightも楽しみです🎶

それじゃみなさん8月25日中標津でお会いしましょう!

by 中野由唱 よしどん

思いが届いた日

  • 2019年05月17日

こんにちは

中野特殊刃物工業の代表で研師の中野由唱です。

中野刃物は今年で創業62年になります。私自身は入社して42年、平成元年に二代目社長となりました。

刃物の仕事をしていると、誰もが切れない刃物を無理して我慢して使っていることに驚きます。

刃物は切れるから刃物なんです。

そんなことを「周りの人たちにもっとうまく伝えたいっ」と思って、私は2016年

【安売りするな、価値を売れ】

というエクスマ実践塾に参加しました。

そして、その年の12月にスタートした比布町エクスマ化プロジェクト2ケ年計画。

2歳から旭川に住んでいて、父が時々遊びに連れて行ってくれた比布町。

ぴっぷスキー場や塩狩峠スキー場

いちご狩りやタケノコ狩り

ひまわり畑の迷路

最近では突硝山のカタクリの花。。。

そんな比布町を私も私の出来ることで応援して行くことにしました。

5月12日の母の日にピピカフェ比布駅にて、妻の妙敦とふたりで包丁研ぎ実演会を開催しました。実演会終了後、比布駅前の桜が満開なのをみつけて、記念にパチリ!

比布町では18回目の包丁研ぎ実演会でした。すると、なんと音信が途絶えていた高校時代の同級生と20年ぶりに再会できたんです。しかもその手には包丁が一本、嬉しかったぁ!

私が比布町で包丁研ぎ実演会をやっているのは知ってたけど、仕事と重なってなかなか来られなかったそうです。

実は「奥さんを数年前に亡くしてからは家に籠りがちらしいよ」と人づてに彼のことを聞き、ずっと気になっていました。

いつかこの包丁研ぎ実演会に彼に来て欲しい、私はそう強く願っていたんです。

彼の顔を見た瞬間、私は何故か言葉にならなくて「やったー」と心で叫んでいました。

彼は一時間程、私の包丁を研ぐ姿を見ていました。集中している私の横で妻の妙敦と定年後のこと、今の仕事のこと、比布町のこと、ボヘミアンラプソディーのこと、これまでのことを色々話してました。

彼の包丁が研ぎ上がり、別れ際に「会えて良かったよ、俺もっ」たったその言葉にすべてが込められていたように思います。

18回続けてきたからこそ、彼との再会が叶った。

比布町で包丁研ぎ実演会をやってよかったー。ほんとによかった!

どんなことも

続けることは、いつか価値になる

私はこれからも比布町を応援して行きます。

気負わずに私の出来ることで、のんびりと。。。

by 中野 由唱 よしどん

ピピカフェ比布駅で包丁研ぎ実演会

  • 2019年05月10日

こんにちは、中野刃物の代表 中野由唱です。比布町での包丁研ぎ実演会も18回目になります。

久しぶりのピピカフェ開催。

母の日の開催。

なので。。。

私はいつもより気合いが入ってます。

比布のみなさん、周辺地域のみなさん、これからも包丁研ぎを続けて行きます。

どうぞよろしくお願いします。

日付 令和元年 5月12日 日曜日

場所 ピピカフェ比布駅

時間 午前10時開始

午後4時終了

研ぎ代 1本 1,000円より

包丁の傷み加減で変わります。

所要時間は30分です。

旭川市東鷹栖4線10号1-13

中野特殊刃物工業株式会社

0166-57-1141

文化は日常。和食文化を繋げるために刃物と向き合う

  • 2019年04月22日

こんにちは。

中野特殊刃物工業の代表で 研師 中野由唱です。

今日は私が刃物を研ぐ理由をお話しします。

戦国時代、刀研師は合戦に随行した。そして刀研師は、敵方から真っ先に命を狙われた。

刀で斬り合う戦さでは、太刀(たち)一振りで敵の息の根を断たなければ自分が切られる。

ですから、、、

刀の切れの良し悪しは、命に関わる重要不可欠な要素だった。

その刀の技は現代の和食文化における包丁に受け継がれています。

切れ味の良い包丁で切るりんごは、1時間ほどは色が赤くなりません。塩水に浸さなくても美味しく頂けます。

切った時に、細胞が壊されないから酸化し難いのです。

包丁が切れると美味しくなる理由

    • 渋味が出にくい
    • 加熱した時アクが出ない
    • 煮崩れしない
    • 食材に損傷が無いから劣化が遅い
    • 肉の切断面の凸凹が少ない
    • 肉を焼いた時余計な焦げが付かない
    • 脂が流れ出ず硬くなりにくい
    • 調味料の量が少なくなる
    • 栄養価を損なわない

つまり、、、

食材本来の味が味わえる。 食材の美味しさの寿命を延ばし、無駄を減らすことにも繋がる。

 

食べることは生きること!

日本には四季を彩る和食文化がある。

そこには、、、

和食文化を支える包丁と研ぎの文化がある。

 

文化とは日常のこと。

和食文化を繋げていくために、私はこれからも刃物と向き合って生きます。

by 中野 由唱 よしどん

新元号と63歳

  • 2019年03月18日

昭和53年4月1日、私は大学卒業と同時に中野特殊刃物に入社した。

最初は研磨工見習いから、数年の工場作業の後 営業見習いとして いきなり100軒ほどのお客様を任された。

正直、何をどうしたらいいのか全く分からなかった。
主な仕事は使って切れなくなった刃物の回収と再研磨した刃物の配達、そして新しい刃物の売込み。研磨工の時もそうだったが、刃物の基礎知識も扱う種類もどうやって売り込むかも、自分で覚えるしかなかった。

中野特殊刃物にとって社員教育は皆無なのだ!

入社から11年目の1月初め、昭和天皇が崩御され年号が昭和から平成に変わった。

自粛ムードの中での会社新年会。社長挨拶の席で「俺の時代は昭和と共に終わった、後は息子に預ける」と何の相談も、何の打合せも無いまま15名の社員の前で先代社長である私の父がいきなり言い出した。

昭和元年生まれで昭和と共に生きて来た父だからそうしたかったのかも知れない。当時63歳の社長引退は早すぎると思ったものだ。

当時の父と同じ63歳という歳は私にとって、平成の30年を改めて振り返るきっかけになった。

そんなことを思う日曜の夜です。

さあ、これから工場にこもって明日の段取りしよう!

by 中野 由唱 よしどん