自分を知るために その2

  • 2022年05月31日

エピソード

「新しいパターンの刃物を作ってほしい」と、お客さんからの依頼あり。         

パターンとは形状のこと。その形状を必死に説明してくれました。

でも、問題は○刃物の大きさ(直径) ◯刃物の刃数(ピッチ)◯刃物の角度(リード)大きく分けてこの3点。形状だけなら図面があれば確認できます。

更にお客さんは「これまで特に問題も無かったし、形状(パターン)だけを変えてくれればいいです」と。

話を簡単に終わらせようと思っていたようでした。

でも 使う機械の能力、使う木材の特徴、仕事の精度を考慮した上で(直径)(ピッチ)(リード)を設計(デザイン)することで、、、

使用する機械の負担を抑え作業の安全性を高め、切削面の仕上がりを美しくする。

結果 ペーパー掛けなど、一番手間のかかる仕上げの工程を省くことができるのです。

図面上のパターンを刃物に置き換えるだけなら、作業の安全性も仕上がりの美しさも得られなかったでしょう。

その後、そのお客さんからは刃物というより仕事(作業)の相談を受けるようになりました。 

 

これまで使ってきた刃物のデザインが当たり前なのではありません。

問題が無いから変えない、というより問題が見えていなかったのです。

ときには外部の意見、とりわけ専門家の見解を求めることは重要なのです。

 

結論

当たり前が当たり前でなくなる時

 見えていなかった問題に気がついた時

あなたの仕事はそこから進化し始めることでしょう。

by 中野由唱 よしどん

自分を知るために その1

  • 2022年05月01日

自分は人にどう見えてるのか、人からどう見られているのか? 

誰もが気になるところです。

こんにちわ

今年で創業65年の刃物専門店二代目 よしどん こと 中野由唱 (なかの よしあき) です。


突然ですが、、、、

あなたがショッピングで洋服を購入する場面を想像してみて下さい。

私が洋服を選ぶ時は サイズは試着して自分で確認します。

ですが デザインや色は、いつも妻か売場店員の方に見て貰います。

好きな色が似合う色とは限らない。

 むしろ 好きな色は自分に似合わない。

 これが今まで生きて来た私なりの結論。 

 だから 私の洋服選びは人任せが基本。

人が選んだものを着るなんて、若い頃なら考えられなかったことです。

 でも 自分の好みで選ぶと、どうしてもワンパターンになってしまう。

 そこで 妻や他人の目を借りると自分では到底選ばないような洋服が候補に上がる。

 結果  選択の幅をグッと広げることになる。 

そして、それまで見えていなかった世界が見えて来る。

 

本当は存在しているモノが自分の脳に伝わらない状態なんですね!!

 

長い期間その仕事に関わっていると、自分のことも仕事のことも

日々のコトが時間経過と共にどこか「当たり前」に映って見える。

つまり

人は自分のことが分かっているようで分かっていない。 

更には、分かっていないこと自体に気が付かない。

 

まっ、こんな状態に陥りがちです。

今日はここまでにしときます。

続きをお楽しみに(^.^)/~~~

つづく

by よしどん 中野由唱