思いが届いた日

  • 2019年05月17日

こんにちは

中野特殊刃物工業の代表で研師の中野由唱です。

中野刃物は今年で創業62年になります。私自身は入社して42年、平成元年に二代目社長となりました。

刃物の仕事をしていると、誰もが切れない刃物を無理して我慢して使っていることに驚きます。

刃物は切れるから刃物なんです。

そんなことを「周りの人たちにもっとうまく伝えたいっ」と思って、私は2016年

【安売りするな、価値を売れ】

というエクスマ実践塾に参加しました。

そして、その年の12月にスタートした比布町エクスマ化プロジェクト2ケ年計画。

2歳から旭川に住んでいて、父が時々遊びに連れて行ってくれた比布町。

ぴっぷスキー場や塩狩峠スキー場

いちご狩りやタケノコ狩り

ひまわり畑の迷路

最近では突硝山のカタクリの花。。。

そんな比布町を私も私の出来ることで応援して行くことにしました。

5月12日の母の日にピピカフェ比布駅にて、妻の妙敦とふたりで包丁研ぎ実演会を開催しました。実演会終了後、比布駅前の桜が満開なのをみつけて、記念にパチリ!

比布町では18回目の包丁研ぎ実演会でした。すると、なんと音信が途絶えていた高校時代の同級生と20年ぶりに再会できたんです。しかもその手には包丁が一本、嬉しかったぁ!

私が比布町で包丁研ぎ実演会をやっているのは知ってたけど、仕事と重なってなかなか来られなかったそうです。

実は「奥さんを数年前に亡くしてからは家に籠りがちらしいよ」と人づてに彼のことを聞き、ずっと気になっていました。

いつかこの包丁研ぎ実演会に彼に来て欲しい、私はそう強く願っていたんです。

彼の顔を見た瞬間、私は何故か言葉にならなくて「やったー」と心で叫んでいました。

彼は一時間程、私の包丁を研ぐ姿を見ていました。集中している私の横で妻の妙敦と定年後のこと、今の仕事のこと、比布町のこと、ボヘミアンラプソディーのこと、これまでのことを色々話してました。

彼の包丁が研ぎ上がり、別れ際に「会えて良かったよ、俺もっ」たったその言葉にすべてが込められていたように思います。

18回続けてきたからこそ、彼との再会が叶った。

比布町で包丁研ぎ実演会をやってよかったー。ほんとによかった!

どんなことも

続けることは、いつか価値になる

私はこれからも比布町を応援して行きます。

気負わずに私の出来ることで、のんびりと。。。

by 中野 由唱 よしどん

文化は日常。和食文化を繋げるために刃物と向き合う

  • 2019年04月22日

こんにちは。

中野特殊刃物工業の代表で 研師 中野由唱です。

今日は私が刃物を研ぐ理由をお話しします。

戦国時代、刀研師は合戦に随行した。そして刀研師は、敵方から真っ先に命を狙われた。

刀で斬り合う戦さでは、太刀(たち)一振りで敵の息の根を断たなければ自分が切られる。

ですから、、、

刀の切れの良し悪しは、命に関わる重要不可欠な要素だった。

その刀の技は現代の和食文化における包丁に受け継がれています。

切れ味の良い包丁で切るりんごは、1時間ほどは色が赤くなりません。塩水に浸さなくても美味しく頂けます。

切った時に、細胞が壊されないから酸化し難いのです。

包丁が切れると美味しくなる理由

    • 渋味が出にくい
    • 加熱した時アクが出ない
    • 煮崩れしない
    • 食材に損傷が無いから劣化が遅い
    • 肉の切断面の凸凹が少ない
    • 肉を焼いた時余計な焦げが付かない
    • 脂が流れ出ず硬くなりにくい
    • 調味料の量が少なくなる
    • 栄養価を損なわない

つまり、、、

食材本来の味が味わえる。 食材の美味しさの寿命を延ばし、無駄を減らすことにも繋がる。

 

食べることは生きること!

日本には四季を彩る和食文化がある。

そこには、、、

和食文化を支える包丁と研ぎの文化がある。

 

文化とは日常のこと。

和食文化を繋げていくために、私はこれからも刃物と向き合って生きます。

by 中野 由唱 よしどん

比布町はスタートライン

  • 2019年03月11日

こんにちは、創業62年になる中野特殊刃物工業の代表で研師 中野由唱 です。

比布町のエクスマ化プロジェクトを知り、子どもの頃から馴染みの比布町を応援したい。そう思って、2017年7月から「ピピカフェ比布駅」と「浄慶寺さん」で包丁研ぎ実演会を開催しています。

家庭のご飯支度が楽しく、美味しくなるよう切れ味のいい包丁で料理してほしい!
家族みんな笑顔になってほしい!
そんな願いを込めて、みなさんの包丁を研がせて貰っています。
町外の方でも、門徒でない方でも構いません。
比布町から、家族の笑顔の輪を広げて行こうと思います。みなさんどうぞよろしくお願いします。

とき

3月13日水曜日 10時〜16時

会場

比布町寿町1丁目5-9 浄慶寺事務室

by 中野由唱 よしどん

コミュニケーションの大切さ

  • 2019年01月19日

よしどん節へようこそ

中野特殊刃物工業の代表 中野由唱です。

私はこれまでに15,000本を超える包丁を研いで来ました。プロ意識も、40年間刃物に関わって来たという自分なりの自負もあります。

しかし、つい最近「研いでもらった刃が切れない」とお客様に言われて驚きました!

過去に一度も無かったことだから、

いや正確に言うとクレームは3回ありました。

しかし、それは3回いずれも研ぎ方の問題ではなく、使う側の問題でした。カボチャを無理矢理叩いて切ったり、冷凍食品を力任せに切ったり、やってはいけない使い方をしていたのがその原因でした。

だから今回もきっとそうだなと思っていたのに、均(なら)して刃を付けたはずが、、、付いてない。

愕然としました。

完全に私が見逃していました、慢心でした。

過去に一度も無かったことが将来も起こらない保証はないのです。

みなさんは職人ってどう思いますか?

○頑固でとっつきづらい

○無口で冗談が通じない

○他のことはどうでもいいのに、仕事となると口うるさくなる などなど

そんなイメージありますか?

だとすれば

クレームが無かったのではなく、クレームを言い出せなかったのではないか。そう思うのです。

昔から私は男のおしゃべりが嫌いです。同級生でもペラペラ喋る奴はあまり信用してなかったなぁ。

でも仕事のうえで必要な「言葉」は交わすべきだし、仕事とは関係ないことも話して、ドンドン「言葉」のやりとりをするべきなんだと思います。

【おしゃべりではなく、コミュニケーション】

63歳は研ぎ職人としてのピークは過ぎています、120%でようやく現状維持。

既に85歳まで現役を宣言した私は五感を研ぎ澄ませながら、おしゃべりではないコミュニケーションを大切にして行こう。

改めて思った2019年1月でした。

by 中野 由唱 よしどん

無理して我慢して使った結果!

  • 2019年01月08日

よしどん節へようこそ

中野特殊刃物工業の代表、中野由唱(なかのよしあき)です。

新しい年になりましたが、1月は包丁研ぎが忙しいんです。何故かというと、、、

年末はおせち作りに、普段以上に包丁が活躍するのです。その12月を前にメンテナンス(包丁研ぎ)の出来た人は良いのですが、「忙しくて出来なかった」という人は大変だったでしょう。

なますに蓮根、きんぴらなどなど

包丁が切れないと、そりゃもう汗と涙 おまけに肩と腰が痛くなる。そんなおせち作りだったと思います。

そんな思いをした人たちが包丁を研ぎたくなるということ。

今からでも遅くありません、思い立ったが吉日。さあ大変、はい大丈夫といきたいですね!

【包丁研ぎ実演会】開催

1月13日 日曜日

午前10時から夕方4時まで

会場は比布町の浄慶寺さん(玄関横の事務室です)

by 中野由唱 よしどん

【研ぎ澄ます】の意味に魅せられて

  • 2018年05月07日

2018年5月7日

【研ぎ澄ます】を国語辞典で引くと、
①刃物をじゅうぶんにとぐ。
②鏡などをみがいて、曇りのないようにする。
③比喩的に精神や感覚の働きを鋭くする。
例文:研ぎ澄まされた感覚とある。

多分ほとんどの人は、3番目の意味でしか使っていないことだろう。

まぁ 研師的には「一点の曇りもない程丁寧に研ぐ」と いうのが 【研ぎ澄ます】の意味になるし

刃物を研ぐ、ではなく 刃物を【研ぎ澄ます】と一々言ってほしい所である。

 

私にとって「刃物を研ぐ」とは、常に真剣勝負だし 刃物は研ぐものではなく【研ぎ澄ます】ものなのだ。今から7年位前だっただろうか、

研ぎ澄ました包丁の数が10,000本を越えた頃から『研ぎ』の奥深さと『研ぎ』の楽しさを感じ始めた。

そしてその『研ぎ』をもっと極めたくて、55歳で日本刀研師に弟子入りし、修行に入った。それは砥石の使い方も刃の研ぎ方も、私を試すかのように 包丁とは全く違うものだった。

しかし、この日本刀研師への修行が、私のそれまでの『研ぎ』への意識を 全く違うものに塗り替えてしまったのは、間違いのない事実だ。

 

切れるように研ぐ➡︎使い易いように研ぐ➡︎作業が楽になるように研ぐ というふうに、

研ぐ刃物の先に、必ず使い手の心を描くようになっていった。

大学を卒業後真っ直ぐ親元に就職したものの、研磨工見習いとしての仕事は最初はイヤでたまらなかった!

ところが、1年もすると研ぐことが楽しくなっていた。しかしそれでも仕事は仕事!

⑴刃が付いたかどうか?

⑵仕上がりの見た目が悪くないか?

⑶納期に間に合うかどうか?

⑷クレームが来ないように! とか

そんなことばかり考えて仕事に向かっていた。

 

40年の間に刃物を通して、数え切れないほどの知識を身につけた と思う。

そしてそこに日本刀研師への修行が加わって、知識を知恵に変え、〝人のために活きる刃物の捉え方〟を目指すことが【天命】と知った。

 

刃物の仕事に就いてから、2度目の成人式を迎えた。しかしまだまだ覚えることはあるようだ、次の成人式までまた修行を続けるとしよう。

今日の自分は昨日の自分よりも成長していたいから。

釧路麺遊会の皆さんと一緒に(^^♪

by 中野 由唱 よしどん

なぜ【飴の掴み取り】なのか

  • 2018年01月27日

2018年1月27日 土曜日
昨日、東京都狛江市にある狛江エコルマホールでエクスマセミナーが開催されてました。私は狛江を訪ねれなかったのでツイートを見ながら藤村正宏氏が表現したいことを考えた夜でした。

ところで、今日は2018年1月最初の包丁研ぎ実演の日です。
友だちやお客さまとの繋がりを大事にしたいから、飴の掴み取りをやってます。

新しい包丁を買って戴くというよりも、みんなに気軽に立ち寄って欲しくて、みんなの元気な顔を見たくて、そしてあなたに会いたくて。
今年一年の運試し、遊びに来て下さい。ちょっとだけ楽しい気持ちになってくれたら嬉しいなぁーーー(^.^)/~~~

こんなイベントがあってもいいよね(笑)

by中野由唱 よしどん

【目標 1000人】

  • 2017年09月21日

(中砥石を水に浸けます)

今年で創業60年の中野特殊刃物工業、私は40年間 刃物と共に過ごしてきました。

【家庭にこそ包丁研ぎの習慣が必要】
この事に気付いて10年。
ここ10年間で12,550本の包丁を研がせて貰いました。

時々包丁の研ぎ方を覚えて貰うため
グループレッスンの講師もつとめます。

2017年9月9日と10日も「包丁研ぎ方教室」の講師に招かれ
旭川を離れ道東の釧路市、中標津町とお邪魔して来ました。

各教室10名の定員、それが満席になり嬉しかった。

4年くらい前にドタキャン4名で、結局4名の教室だったこともありました。

今回の釧路教室、中標津教室 どちらも
包丁研ぎが初めてという初心者は10名中 6名でした。

教室の進行を簡単に書いてみます。

はじめに、、、、
あいさつ、試し切りに次いで
包丁の握り方、左手指の置く位置、
力の加減などの説明からスタートです。

授業が進むにつれ、生徒さんたちの表情も真剣になって行きます。

市場で包丁研ぎを本業にしている方もいましたが
研ぎの素質は10人10色。
ひとりずつ順番に指導して行きます。

時間が経過するにつれ、砥石がガサガサ、スーッから
シュッシュッシュッと、いい音に変わり出す。
どんどん手つきが慣れてきて
いい音に変わるんですね。

私が下研ぎを施したものもありましたが
概ね60分で全員の包丁が仕上がりました。

早速、みんなで自分が研いだ包丁を使って野菜を切ってみます。
人参、ピーマン、トマト、キャベツと、どれもきれいに薄く切れてます。

「オーーーー!」
「凄い!」
「キャッーー!」
「何コレーー!」
等々歓声が聞こえてきます。

2泊3日で690kmの走行、、、疲れました。。。
でも、参加したみんなのこんな声が聞きたくて
「旭川からやって来たんだよー」と
心で叫びながら出かけて行きます。

【人の役にたてる歓び】
私にとって、それは何ものにも変え難いものなんです。
包丁が切れると
美しく美味しく無駄なく楽しく
料理ができて
どんどん美味しくなるんだよーーー!!

家族みんな笑顔になーれ!

手研ぎの仲間を増やしたい。
目標 1000人

by 中野由唱 よしどん

【研師 中野由唱にとってのぴっぷ町】

  • 2017年07月17日

今日は2017年7月17日 海の日です。

第二回目となる【包丁研ぎ実演会】を ピピカフェ比布駅にて開催します。

私にとって比布町は、子供の頃から馴染みがあります。小学生の時、冬になるとぴっぷスキー場へ時々行った。当時は「北嶺」と呼んでいた。上まで登ると見晴らしが良く気持ち良かったーーー!

笹の平の竹の子採りは毎年凄い人出だった。塩狩峠にも時々出かけた。
父が塩狩峠の温泉(和寒側)が好きだったようだ。

ひまわりの迷路を楽しんだあとで足元が土ぼこりで凄いことになったこともあったなぁ。

5月の連休前あたり、カタクリの群生地に行くことは最近の楽しみになっている。

藤村正宏氏の比布町エクスマ化プロジェクトの影響を受け、2017年3月24日に第一回目の【包丁研ぎ 実演会】を開催しました。

その時 私が感じた事はエクスマ化とは別に比布町の人たちのあったかさでした。
〝比布町〟なんてステキな町なんだろう! と、本気でそう思いました。そして、その思いが二回目の包丁研ぎ実演会開催につながりました。

「ピピカフェを会場にしたい」という私の申し出を快くOKしてくれた店長の亀海夏子さんにも感謝です。
(7月18日は亀海さんの誕生日、おめでとうございます)

比布町の皆さん、本日もピピカフェ比布駅でお待ちしています。また、会いましょうね!
合言葉は 【切れる包丁で家族みんな笑顔になーれ!】 ですよーーー☆

※2018年1月12日 昨年のブログを読んでいて加筆したくなり書いてみました。

by中野由唱 よしどん

【包丁研ぎ方教室 in 釧路】 まとめ

  • 2017年05月31日

2017年5月30日 晴れ

昨年に引き続き、今年も5月14日 母の日に【包丁研ぎ方教室 in 釧路】を開催することが出来ました。

偶然(必然?)ですが、昨年と今年のこの教室の間に79期エクスマ実践塾がエクスマを主宰する藤村正宏氏の地元 釧路で開催され この実践塾に参加するため私は2016年10月、11月と釧路に通った。

昨年1回目の「包丁研ぎ方教室 in 釧路」の際、釧路人の人情味に触れ、すっかり釧路が好きになった私にとって この実践塾は最高の舞台でした。

すばらしいスタッフの方々との出逢い。
私たちを優しく見守ってくれたエクスマ65期の先輩方。
そして何といっても14名の79期の仲間たち。

この新しい絆が出来たことは、いい思い出と言うより私の中では〝大化の改新〟以来の大事件です。
(刀剣の世界では明治維新や産業革命ではなく 今も645年〝大化の改新〟が最大の事件なのです)

話を戻します。

「包丁研ぎ方教室 in 釧路」1回目と2回目は私がエクスマ塾生なる前と後、つまりbeforeafter なのです。
昨年の1回目は何もわからずに多くの方々に助けて頂き開催にこぎつけました。
釧路と旭川、離れていることで何も出来ない自分に歯がゆさを初めて感じたのも、この時です。
そしてこの時、79期エクスマ実践塾で共に勉強することになる4人が研ぎ方教室に居たことは誰も知らなかった。

人とのつながりを強く感じて、後日それが【信頼】となって行った。

2回目の今年は主催の木元章義氏、浅野葉子氏 お二人の発信力に期待していました。

特に木元氏の行動力には脱帽です。
新聞で事前のお知らせ、FMくしろに出演してPR、釧路新聞の取材を受け記事として掲載される。
これらの段取りは完璧です。

浅野氏も忙しい中、ブログ発信でアシストしてくれました。

両氏の尽力のお蔭で10名の席も満席となり2回目の教室は充実していました。
ありがとうございます。

ひとりひとり仕事で「包丁研ぎ」を必要とする生徒さん達が多かったので授業にも、つい熱が入ってしまったことを今になって思い出します。
授業中にも生徒さん同志が仲良くなっていく、そんなつながりが自然と出来ました。
そして、その輪が広がっていく。
まさにその様子は、この先に感じるのは【希望】です。

釧路教室での私のbeforeafterは【信頼と希望】を実感できたこと。
使用前ーーー、施術前ーーー、施工前ーーー、色々あるけどbeforeがないとafterは存在しない。

別ものではないと言うこと。

日本古来の伝統である「研ぎの文化」を過去から受け継ぎ未来へ伝えて行きたい。
また、それを出来る歓びを実感できた2回目【包丁研ぎ方教室 in 釧路】でした。

by中野由唱 よしどん