【北海道胆振東部地震 の 翌日】

  • 2018年10月07日

ひと月ぶりのブログです。読んでくれてありがとうございます。

 

9月6日はミラサポ講師として、派遣先を訪問することになっていました。

その日は何故か、午前3時に目が覚めていました。そして3時8分、北海道で震度7の地震が。それから20分後、今度は大停電が北海道全域を襲いました。

道路の信号機もすべて消え、いつ復旧するのか分からない不安だけが残りました。

止むを得ず、6日の訪問は延期することにしたのですが先方と電話もメールも使えず 連絡がつきません。ダメもとで延期する旨のメールを送信しました。

午後になって、私の携帯に先方からの電話が入り ようやく連絡が取れました。

協議の結果、翌日の訪問となりました。

 

今回の派遣先はオリンピックで有名になった冬のスポーツ カーリングの街 北海道北見市です。

北見市と言えば、北海道の市町村の中で一番広い面積で玉ねぎの生産量は日本一なんです。

その北見市で農業収穫機を独自に製作し、利用者から直接感想を聞きとりながら改良を加えている、そんな探求心旺盛な企業です。既に発売した機械で「もっと長持ちする刃にしてほしい」と声が上がり自社で考案中の刃物の形状について 刃物専門家 のアドバイスが欲しい、またオリジナル刃物の開発・導入についての支援も受けたい、という相談内容でした。

 

機械製作の現場で付属の刃物について、独自に開発を進めることはあまりないことです。

 

具体的に言うと

  • 機械のもつ能力(機械性能)
  • 使用目的(個人差があります)
  • 使用条件(最良から最悪まで)
  • 試行したデータ(要詳細)
  • 現状結果
  • どうしたいか(改善要件)

 

以上のことを一元化して改善することは容易ではありません。

もし刃物メーカーがこの開発に着手すれば、一年がかりで1000万円の仕事になります。

データを収集しながら2、3パターンの刃物を4、5回は造り直すことになるでしょう。

しかも全て単品製作です。

 

私の場合「そのお客様に一番合った機械刃物は何か」を考え続けた40年の経験を重ね合わせて、開発に係る時間と費用を最大限に抑えて、最初の試作で90%の完成度と90%の費用削減を目指します。

 

F1レースでタイヤ交換のタイミングと選別を誤ると、たとえ世界一速いエンジンを搭載していてもチェッカーフラッグは受けられません。

 

前にも述べたように、

機械性能、使用の目的と条件、現状の把握と変動する環境、を全て加味して設計します。

この作業は難しいというより、手間が掛かるのでやりたい人はいないと思います。

しかし、この手間が完成度を時には100%にもてくれるんです。

 

手間ひまを掛けることが敬遠される時代ですが、この手間を惜しまずにこれからも仕事を楽しんで行きたいと思うのです。

 

専用刃物は現在設計途中です。

最後まで読んでくれてありがとう。

 

 

by中野由唱 よしどん

常識とは誰が創ったものなんだろう

  • 2018年08月31日

私は小学生の頃から学校を休んだ記憶が無い!

勉強は退屈だったが、友達と遊ぶのが好きだった。

丈夫に産み、育ててくれた親に感謝だな。

 

22才で家業を継いだその年に、風邪で熱を出して寝こんだことがある。父親に「這ってでも仕事しろっ」と言われた。それ以来 風邪で寝こむのは正月休みと決めている(笑)

60才も過ぎると「休息も道草も生きるためには必要なことだ」と強く思う。

心にゆとりを持つことで人は豊かに生きられる、そう実感する。

仕事においても ひと息入れたり、立ち止まったり、時にはその場から離れてみることも大切だ。

 

私は仕事柄、いろいろな角度から物事を見るようにしている。しかし、それも常識や固定概念で捉えてると、成果は出せない。

 

以前こんなことがあった。

原木(丸太)を板状に薄く挽き割って製材にする木工場のお客様から、

「作業のスピードをもっと早くしたい、後工程の仕上げがたいへんだから、現在の丸のこ刃(弊社オリジナル タイガーチップソー)の大きさを今より大きくして、刃数も増やして欲しい」そんな要望だった。

確かにチップソーの径を大きくすれば、駆動モーターの回転数を変えずに周速が速くなり切断速度は上がる。そして、 刃数を増やして目を細かくすれば、挽き割った木肌はきれいになる。

今でも そのまま お客様の要望を聞いて、大きく目の細かいチップソーを納める業者がほとんどだ。

言われたことに逆らって 別の丸のこ刃を納めて、それで上手く行かなかったらクレームになると思い込んでしまい、そんな危ない橋は渡りたくないと考える。

多分そんなことだと思う。

しかし、私が納めたタイガーチップソーは全く真逆のものだった。

 

従来のものより径は小さく、刃数も減らして荒くした。

それは、チップソーの刃厚を薄くしたことで全ての問題が解消された。

①切込む時の刃の摩擦抵抗が小さくなる

②小さい分、ノコ振れが無くなる

③振れないから挽き肌がきれいになる

④刃数が少く荒い分切込み能力が増す

⑤送材速度を上げることができる

⑥薄くなった分、歩留まりが良くなる

以上の結果、歩留まりの違いで年間の原料費が200万円の節約になった。

目先のことではなく、チップソーの特徴と機械の能力、使用する木材の性質と 総合的に捉えてそれまでの常識では考えられない刃厚のチップソーを設計した。なぜなら私は その薄いチップソーがダメだという事実を目の当たりにしたことがなかったからだ。

 

机上の理論だけで判断したくはなかったのだ。

 

この木工場はその後 作業がスピードアップして品質も向上し、最終的に年間700万円の増収につながったそうだ。

もちろん、「常識外れ」の設計にひるむことなく応えてくれたチップソーメーカーの技術と「心粋」には頭が下がる思いである、感謝。

 

毎日繰り返しの仕事をしていると、なかなか気づかないもの。でも様々な角度から、あるいは全く違う次元から一歩下がって見てみると、不可能なことがいつか可能になることもある。

そう思えた瞬間だった。

でも実際には、試運転が終わるまでドキドキだったなぁ。

 

常識と基本は必ずしも同じものではない。

そもそも常識とは誰が創ったものなのか、常識的に、ではなく基本に立ち返りたいものだ。

 

by中野由唱 よしどん