【エクスマセミナー】in 旭川

  • 2017年11月26日

2017年11月19日 旭川でエクスマセミナーが開催されました。ほぼ1年振りです。
会場はシェアオフィス&コワーキングスペース 楽縁 です。

こんにちわ、エクスマ実践塾79期 よしどん 中野由唱です。
セミナー後の懇親会も盛り上がりました。宴もたけなわだけど、いよいよ〆という時に集合写真を撮ってない事に気づき、、、、、橋本亨氏の音頭でみんな「ハイ、ポーズ!」
10月 月末に阿寒湖畔でのエクスマ同窓会に参加。以後、風邪が抜けきらず中途半端な体調のまま、今回のセミナー参加となってしまった。反省してます。
さて、今回のセミナーでの気づきを書きます。
子供の頃、未来予想図にボタンひとつで好きな食べ物を出してくれる jukebox のような箱を描いた。刃物店を営む両親はいつも忙しかった。母が私のリクエストに応えて玉子焼きを作ってくれる、そんな時間さえも母と一緒に居たかったんだろうか。jukeboxのような箱を描いた。

今、エクスマで藤村正宏氏の教えに触れて人間の素晴らしさを学んでいる。その中で、私の未来予想図にはAI(人工知能)やロボットには不可能な仕事、心や感情が生まれるようなそんな仕事を描こうと思う。
料理は食べるものを作ることが目的ではないんだ。
【大切な人のために美味しいものを作りたい】
その心が人を料理に向かわせるのだ。味、香り、美しさ、音色、手触り、そして美味しく食べてほしいと思う心。そう、料理の本質は五感と心、すべてを使って表現すること。ならば、料理の本質への関わりを持とう!
【食べることは生きること】
もっともっと、みんなが料理を楽しく美味しく作れるようになるために私の未来予想図(刃物の仕事)を捧げる。
刃物は人類が造り出した最高の道具のひとつ。その素晴らしさと日本古来の研ぎの文化を次の世代へつなげたいから。五感と心のすべてを使って

、、、と、ここまで書いた時に札幌に住んでいる母から電話が入った。
「私は札幌で人生を終える。葬式は札幌でするので何の心配も要らないよ」と、しっかりした口調。山形県西置賜郡生まれで96才になる母は病気もせず老いてはいるが私よりずっとしっかりしている。120才まで生きそうな勢いだ。妻 妙敦の名前が出て来なかったのは嫁姑のしがらみから解放された証なのだろうか。

 by中野由唱 よしどん

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。